カジノディーラーの仕事を見つける

カードテーブルでお金を浪費するのではなく、真面目にお金を稼ぎたいとお考えですか?最も簡単なのは、反対の立場に立ってカジノディーラーとして働くことです。

カジノディーラーに求められる教育

ディーラーになる条件として、必ずしも大卒である必要がないというのは朗報です。ディーラーのための専門講座に参加すれば、数週間程度で必要なトレーニングを受けることができます。場合によっては、カジノから直接講習を受けることもできます。

 

ディーラーのための専門講座

ディーラー養成講座は8~12週間ほどでコースを修了することができ、カジノで働くための面接対策も行ってくれます。講座への参加条件は、一般的に18歳以上で、高卒の資格があり、重罪または詐欺関連の軽犯罪歴がないこととなっています。

オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)

カジノディーラーとして働くなら専門のトレーニングプログラムを受講している方が望ましいですが、場合によってはオン・ザ・ジョブ・トレーニングを受けることも可能です。新規開店のカジノでは、このような機会を提供している場合がよくあります。また、多くのカジノを有するゲーム企業の中には、特定の店舗でオン・ザ・ジョブ・トレーニングを実施しているところもあります。仕事を探すときには、その企業がトレーニングを提供しているかどうかを確認してみましょう。 

ディーラーになるための条件

カジノディーラーになるには多くの条件があります。例えば、アメリカでは州ごとにゲームライセンスを監視するギャンブル規制機関が設けれらているため、各カジノで追加の条件が課されることもあります。

カジノでの面接を成功させるには、自分の能力を把握した上で、スキルや人柄をよく表現できるように準備する必要があります。また、フォーマルな面接を想定した服装で臨みましょう。そして、面接時にカジノでギャンブルをしないように! 

カジノディーラーに欠かせないスキル

カジノディーラーとして成功するなら、ゲームのルールを覚え、カードのシャッフルを習得するといったカジノで働くための最低条件を満たすことに加えて、好感の感じられる個性や社交的なスキルが必要になってきます。

カジノが求める、対人、感情面、及び身体的な能力には以下のようなものがあります。

 

コミュニケーション能力:カジノでうまくやっていくには、プレイヤーや同僚と明るくハキハキとしたコミュニケーションをとれることが重要です。相手に関わらず明確で、感情を乱すことなく会話ができれば、カジノでも良い仕事ができるでしょう。

カスタマーサービス精神:ディーラーは、ゲストが思うように勝てていない時でも、好感度の高いカスタマーサービスを提供しなければなりません。自分の負けをディーラーのせいにするようなゲストもいますが、動揺せず、落ち着いた態度で接することが重要です。

分析的思考力: 当然ながら、誰がゲームの勝者で、各プレイヤーの賞金の金額を把握するには頭の回転と計算力の速さが求められます。詐欺、イカサマ、不正などを見抜くのも仕事の一部です。また、キャリアを積んでいくためには、各ゲームの細かな違いを理解しておくことも必要です。

社交的な性格: 収入源の大半はゲストからのチップになります。ゲストが負けていたとしてもゲームに熱中し続け、楽しんでもらえるような雰囲気を作ることが大切です。自分のテーブルからプレイヤーを逃さず、多くのプレイヤーに常連客になってもらうことができれば、あなたのキャリアアップにもつながることでしょう。

肉体的なスタミナ: ポーカーディーラーは立ち仕事です。立ったままテーブルにかがんでチップを扱い、プレイヤーが吸うタバコの煙を大量に浴びることも多いでしょう。また、不正や詐欺を見逃さないよう、常に警戒を怠らない精神力も必要となります。